<< 深海/バックデイト | main | まとめ買い/バックデイト >>
おクジラさま 二つの正義/バックデイト

亀治郎のところで少しお話ししました「おクジラさま」を見て来ました/バックデイトです

こちらの公式サイトでご覧くださいね

 

ユーロスペースは相変わらず渋い上映です。

 

説明を読むと、、、、

紀伊半島南端に近い、和歌山県太地町。追い込み漁を糾弾した映画『ザ・コーヴ』がアカデミー賞を受賞して以来、この小さな漁師町は世界的論争に巻き込まれた。「くじらの町」として400年の歴史を持つ「誇り」は、シーシェパードを中心とした世界中の活動家たちから集中非難の的となる。ヒートアップする対立が沸点に達しようという2010年秋、佐々木は太地町を訪れる・・・。

そこでは、マスメディアが報じてきた二項対立 −捕鯨を守りたい日本人とそれを許さない外国人 − という単純な図式ではなく、カメラは賛否に縛られない多種多様な意見を捉えていく。 歴史・宗教・イデオロギー、自分と相容れない他者との共存は果たして可能なのか?今まさに、世界が直面している「ダイバーシティの危機」を克服するヒントがこの映画にはある。嫌いなヒトをスッキリ排除しますか?それとも、一緒に生きていきますか?

 

頭の片隅にあった和歌山県太地町の話です

 

本になっていたんですね、知らなかったです

 

この二つの正義というところが味噌ですね

 

なんでも白黒つければいいオンではないということを考えさせられます。

 

自分の立場によって正義になったりそうで無くなったり、、、難しい問題です

 

感情で捉えてしまうのか?それぞれの立場で考えるのか??

 

そして一番びっくりしたのは「わんぱくフリッパー」でイルカの調教担当した方が思いっきり大地町へ来て

 

かなりの反対運動というか、、

 

リック・オバリーさんといいます

イルカの元調教師/保護活動家

「イルカだけを特別扱いしているわけではない。たまたま私がイルカと特別な関係があるだけ。なぜなら、『わんぱくフリッパー』という人気テレビシリーズでイルカの娯楽産業を築いてしまったから」

『ザ・コーヴ』への出演で広く知られるリックは、60年代のテレビシリーズ『わんぱくフリッパー』に出演した5匹のイルカを捕獲、調教し、イルカブームを牽引した立役者である。そのことに長年、罪悪感をを抱いてきた。そこで『ドルフィン・プロジェクト』を立ち上げ、囚われたイルカを解放するために、世界各地を回って抗議活動をしている。

 

とありました。

 

 

上映の最後にオリバーさんは日本への入国が出来ないようになってしまったようです

ちゃんとして入国はすべきですね 

 

最後に太地町の漁師さんやその他の方々、そしてシーシェパードの方々のその後っていうのをやりますが

 

これがいいです

 

見て本当に良かった作品でした

 

今日もハイウッドをありがとうございました   TAKAGIでした

| 代官山美容室ハイウッド | 17:23 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

Twitter

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH